会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。毎日投稿!現在簿記の勉強中!

信長の野望天道PK 縛り 最終章

 

こんばんわ

 

今日は、YouTube動画の信長の野望天道シリーズについてです。

このシリーズ動画を上げて早や2ヶ月が経ちました。

そして、今週末の動画撮影でおそらく最終となりますがこれがまたとんでもないくらい難しいと予想されます。

 

目次

 

 

 

最後の縛りプレイ

 

 

今現在、信長の野望天道PK群雄覇権モードの光秀の野望を投稿しています。

縛りプレイの内容として

  • 登用できない
  • 同盟できない
  • 難易度上級
  • 敵の収入、募兵数がおよそ倍

という内容です。

このシリーズが終わるとついに私の中で最後のシナリオをプレイします。

それが、不如帰の行方です。

おそらく最高難易度になると思います。

 

 

f:id:y09032994612:20201119114120p:plain

 

このシナリオは三英傑、本願寺雑賀衆、希代の悪である松永久秀がいます。

城の数も群雄覇権モード中では一番多く通常プレイでもかなりやりごたえがあります。

 

このシナリオで縛りプレイをするのはかなりの無茶だと思います(汗)

しかし、これをやらずには動画投稿者としての名折れです。

 

 

最後のシナリオ不如帰の行方 松永家

 

 

プレイする大名は松永久秀です。

織田家、豊臣家、徳川家は武将の質も高く、序盤のやり方さえ間違えなければそれほど難しくはありません。

本願寺雑賀衆に関しては、同盟関係で序盤は意味のない状態です。

しかし、片方が敵に滅ぼされると仲間になるイベントあり強力な武将たちが無償で手に入るので途中からは楽になります。

本願寺雑賀衆が仲間になれば鉄砲隊も異常なまでに強くなり多少の兵数差ならあっという間に倒すことができます。

本願寺雑賀衆は初期位置もマップの端にあるので安全地帯を作りやすいので城を1つ取れば生産拠点を作ることも可能です。

 

対して松永家は初期位置は図で示したように真ん中にありゆっくりと構える暇はありません。

序盤から織田家か豊臣家が信貴山城に攻めてきて、兵数差が出てくると雑賀衆が攻め込んできます。

ゆっくり内政をしていると防戦一方の戦いになって次にもう1つの城である霧山御所も攻められあっという間に終わってしまいます。

 

通常プレイならまずは織田家か豊臣家と同盟をして左の雑賀衆を攻撃し鉄砲隊を強化するといいでしょう。

そして、雑賀城を生産拠点にしつつ豊臣領を攻めて行くか、霧山御所の長い空き地を利用して徳川家を兵糧攻めにして清州城を奪い徳川を滅ぼす2パターンです。

 

今回の縛りだと登用ができないので雑賀衆を取る意味はあまりありません。

加えて、徳川家は織田家の清州城しか攻めることができないので全精力を清州に向けてきます。

なので、このシナリオで織田家が大勢力になることはありません。

今までの経験上、徳川が一番巨大な勢力になります。

 

仮に織田家と徳川家が同盟をした場合、徳川家は五年間募兵をしまくって期間終了後には数十万の兵を集めています。

隣に恐ろしい勢力があるので序盤の動きを見極めつつどうやってシナリオクリアをするのかを考えていきたいと思います。

 

 

群雄覇権モードの不如帰の行方、松永家プレイでいよいよ信長の野望天道の縛りプレイ動画も終わりになります。

最初にやってから色んなシナリオをプレイしてきたのでこれまで得た経験を活かし最後の難関を突破したいと思います。

動画を上げるのは来週になるとは思いますが、今週末の三連休で動画を撮るために今日は帰りに食料の買い込みをします。

 

最後に

 

通常プレイとは違いやきもきする場面はありますが、クリアした時の達成感は通常プレイよりも遥かに高いです。

以前にクリアした三つ巴の六文銭の真田家プレイも無理そうでしたがなんとかクリアできました。

何パターンかのやり方は考えているので諦めずにクリアをします。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。