会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。簿記を勉強中!

【実体験】私の資格の失敗談 原因はいつも1つ

おはようございます。

 

今日は、資格試験の失敗談を書きます。

 

 

目次

 

 

 

 

私が資格と取れたのは中学時代まで

 

 

私は、過去に様々な資格試験を受けてきました。

 合格もあれば不合格もあります。

 

ただし、合格したのは合格率80%くらいの簡単なものばかりです。

 

実際に取ったものは漢字検定4級、英検4級といった中学生で取得したものばかりです。

受ければ、ほぼ合格になるものばかりです。

 

高校生になり英検3級を受けると3回全部失敗!とここから負の連鎖が始まります。

 

 

失敗の要因はたった1つ

 

 

失敗の理由はたった一つ

 

勉強不足です。

 

受験を申し込む時には意気揚々でテキストを買っています。

しかし、いつも下記のマインドに陥ります。

 

①明日でいいや・・・まだ1ヶ月あるから

②夜にやろう・・・・明日の朝早起きすれば大丈夫

③前日になって・・・この量を今から無理だ

 

こんな状況で受かるわけがありません。

 

漢字検定は受験回数こそ多いけれど一回の費用は3000円くらいです。

 

特に、漢字検定2級は22歳、25歳、27歳、30歳と何度も受験し全て失敗しています。

 

次にFP(ファイナンシャルプランナー)2級

FP2級はユーキャンの勉強教材を5万円も出しています。

金額からしても最初は、本気の本気で受験するつもりでした。

 

通信添削も毎月出していました。

 

しかし、3ヵ月後には参考書を開くことさえしなくなり気持ちは萎え

教材の分割払いだけが残ります。

 

そこから、教材を購入してから5年後に満を持して受験に申し込みます。

私生活に余裕が出てきた頃です。

 

7月に申し込み、9月に受験なので勉強も間に合う。

 

しかし、さっきのマインドが私の心を支配し結局、最後の最後まで勉強することさえしませんでした。

 

受験日当日、どうせ受からないからと受験会場にさえ行きませんでした。

 

2つの資格の受験費用とテキスト代を合わせると費用に10万円以上使っています。

しっかり勉強をしていれば惜しくない金額ですが結局、勉強もせず時間とお金を無駄にしていました。

 

ここまでが失敗の経験談です。

 

 

勢いは最初だけだった

 

 

資格取得に自己投資するところまでは良かった。

この最初の行動をしなければ勉強もせずに日々の何もしない生活を送っていた事でしょう。

しかし、その後の勉強をしなければ当然受かりません。

やろうやろうという気持ちはなぜか消えていきます。

 

何度も時間もお金も無駄にしました。

もう受けないくてもいいかなと開き直ることもあります。

 

ところが、諦めてもまたどこかのタイミングでやる気がまた復活するので不思議なものです。

しかし、そのやる気が参考書を買うまでではなく今度はテストを受けるまで維持したいものです。

そのためには自分を変えるしかありません。

 

 

最後に

 

 

今回、私の資格の失敗談は勉強不足というのが原因です。

やり続ける力が昔から足りない私にとって簡単には直すことは難しいかもしれません。

 

失敗5回以上で負けたままっていうのは嫌だったので懲りずに受験しました。

漢字検定2級は数年前に1ヶ月の勉強の末に合格しました。

 

合格した時の快感を思い出し、そしてこれだけの勉強で合格できるんだと気づきもう一度諦めた資格を受けようと思います。

 

狙うはFP2級です!

 

こちらも金額を掛けて放置した資格です。

このまま放置したら失敗談だけになってしまいます。

 

合格して成功体験談を伝えられるようにしたいですね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。