会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。毎日投稿!現在簿記の勉強中!

【実践】手料理のコストパフォーマンス

おはようございます。

 

今日は料理について書いていきます。

と言っても、魚料理や肉料理の調理の仕方ではありません。

料理のコストパフォーマンスについてです。

 

私自信がここ数年で料理をするようになったのでその体験を記事にします。

 

なぜ、料理を始めたのか?

私はサラリーマン時代にほぼ外食やスーパーの惣菜でご飯を済ませていました。

 

しかし、惣菜や外食では同じ味ばかりで飽きてきました。

その時に、ユーチューブできまぐれクックさんの動画を見て

 

魚を捌いてみたい!!

 

と思い、スーパーに走って確か秋刀魚を買ってきました。

これが、料理を始めるきっかけでした。

 

それから、魚料理だけでなくパスタ、煮物、肉料理など結構いろんなものが作れるようになりました。

動画ってほんとに便利で良い教材がたくさんあります。

 

しかし!!

 

手料理をするとコストがかかる!!

料理の材料が高いから結局、惣菜のほうが安くなるんじゃないのか?

って思う人がいると思います。

 

その通り!

最初は当然コストがかかります。

調味料や道具を揃える為にお金がかかります。

材料を買っても、全部使ってしまって1食で2000円くらいになってしまうこともありました。

 

コスト比較の実際の例

 

①コンビニでペペロンチーノを買うと500円くらい

 

②パスタ300g    100円

 にんにくチューブ   100円

 とうがらし(鷹の爪) 150円

 ソーセージ      300円 

 オリーブオイル 一瓶 500円

 合計で1000円くらい

 

やっぱり手料理が高いですね!!

と思ったら大間違い!!

 

①のコンビニは一回買うごとに500円です。

10回食べるとすると5000円

 

②は毎回買うのがパスタだけで、他は毎回買うことはありません。

10回食べると、買い足すのはにんにくチューブとソーセージとパスタなので

パスタ 10袋     1000円

にんにくチューブ 本 400円

オリーブオイル 1瓶  500円

鷹の爪         150円    

ソーセージ 袋    900円

合計 2950円

 

最初だけはコストがかかりますが

何度か作ると買うのとほぼ変わらなくなってきます。

むしろ安くなるケースが多いです。

 

今回はパスタでしたが、魚料理などは最初は調味料など買うとコストは高くなりますが2度3度作ると調味料は買わないので安く抑えれます。

 

料理をするメリットは他にもあります。

惣菜や弁当などの脂っこいものを食べなくなり体の調子も大分良くなりました。

そして、ご飯が自分で作れると外食をする機会が減ります。

なぜなら、自分で作れちゃうからです。

カップラーメンを食べたいと思うことも減りました。

でも、お菓子は食べちゃいます(笑)

 

 

手料理のコストパフォーマンスは、続けていくと安くなります。

そして、料理のスキルも身につきます。

 

無理して料理をする必要はありませんが、やってみる価値はあると思います。