会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。毎日投稿!現在簿記の勉強中!

善意を裏切る行為 【お金 返ってこない 貸す】

ふんふーーん♪♪

鼻歌が出てる。なんだか、機嫌がイイネ。

困っている人を助けると気持ちがいいもんだよ。

どんなことをしたの?

たまたま、財布を落とした人に出会い家に帰るお金がないから貸したんだ。

それは確かに私にはできないことだな。
でも、返してくれるの?

当たり前じゃないか?ちゃんと電話番号も書いてもらったよ!!!

確認の電話はシテミタカイ?

今ここでやってみるよ!

プルプルプル~~~ ガチャッ!!お電話ありがとうございます。中華料理 天津飯です!!

全然違う人が出た~~!!

 

善意の行為を裏切る事が起こる場合もある

 

 

目次

  • 過去に騙された人助け その1
  • 過去に騙された人助け その2
  • 最後に

 

 

<過去に騙された人助け その1>

 

当事大学生だった頃の出来事です。

大学生は授業を自分で選んで時間割を自分で作るため、特定の曜日を休みにする事ができます。

たまたま平日の日に受けたい授業がなく、その代わりに土曜日に受けたい授業があったので土曜日に登校する時間割を作成します。

 

土曜日は、学生の数が少なく授業を受ける人以外はほとんど見当たりません。

私も、授業が終わるとすぐに帰っていました。

しかし、とある日のことです。

授業が終わった後に、学校の掲示板を確認するようにとメールがあった事を思い出しほとんど誰もいない学部の掲示板を見に行きました。

すると、ポンポンと肩を叩く人がいました。

 

振り返ると、学校では見たことのない人が立っています。

その人が急に話を始めます。

 

青:私   赤:相手

 

「申し訳ないんですが、お金を貸していただけませんか?」

「えっ!?なんでですか?

「財布を落としてしまって、家に帰ることができなんです。」

「そうなんですか、もう1度探してはどうですか?」

「いえ、何度も探しましたが見つかりませんでした。」

「そうなんですか。帰るのにいくら必要なんですか?」

「3000円あれば足りると思います。」

「えっ?高くないですか?」

「遠方から来てるので・・・・貸してくれませんか?」

「貸してもいいですけど、電話番号を教えてくれませんか?」

「いいですよ。○○○ー○○○です。」

「助かります。必ず返します。」

 

 

交通費がやたら高い部分で少し怪しいとは思っていましたが、本当に困っているかもしれないと思い相手の事を信じました。

 

 この後、数日たっても返済する様子はなく教えてもらった電話番号に電話をかけると

まさかの知らないお店の番号でした。

しかも教えてもらった人の名前を伝えても当然知らないと言われてしまします。

 

その後私の貸したお金は返ってくる事はありませんでした。

 

 

<過去に騙された人助け その2>

 

この体験も大学生時代の時です。

大学4年で、就職も決まった冬のことです。

私は、すでにゼミ以外の単位は取得していたので学校も週1日しか行っていません。

そんな大学ライフの最後に大学1年生の時に部活の交流会で知り合ったH君と校内でばったりと会います。

久しぶりに会った友人に近況を話すとH君はどうやら留年が確定していたようです。

大学は単位制なので2年生の時に32単位、3年生で76単位だったと思いますが取得できていない場合は自動的に留年が確定します。

H君は留年が確定したため就職活動はせずに授業を受けていたところだったようです。

 

そして、H君は私に少しお金を貸してくれない?と相談をします。

金額は1万円でいいからと、大学の初期に知り合った友だちなので快くお金を貸します。

 

それから、冬休みに入り2月になるといよいよ卒業式が近づいてきます。

大学生活も終わるため、いろいろな準備が必要となります。

就職先も決まっているため、自分の住んでいるアパートの整理や引越しの手続きなどであっという間に時間が過ぎていきます。

H君にお金を貸した事など忘れてしまう忙しさです。

ようやく、引越しの準備も終わり後は卒業式が終われば大学生活が終了する所まできてH君のことを思い出しました。

 

携帯電話でメールを送るも返信はありません。

電話をかけても繋がりません。

 

H君は留年しているため卒業式には来ないため、私は彼を追跡することはできません。

結局、H君から連絡がくることはありませんでした。

 

大学の最後の最後で嫌な思い出が残りました。

 

 

 

<最後に>

 

以前、お金は貸しても返ってこないという記事も書きました。

 

madamaniau.info

 前回の記事に比べれば金額は小額で済んでいます。

しかし、前回の記事と比べて今回の体験談は悪質な例です。

最初から返すつもりがない事がわかります。

 

昔からの知り合いだったとしても、本当に困っているような顔をしていても相手は裏切る可能性があります。

 

困っている人を助けることは大切なことです。

今後も困っている人には手を差し伸べたいと思っています。

しかし、それを逆手に取る悪質な人たちもいます。

 

私はそんな外道な奴らにはなりません。

そして、そんなやつらを許すことはしません。