会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。毎日投稿!現在簿記の勉強中!

クリアできねぇ・・・【信長の野望天道】

 

おはようございます。

 

昨日は夜遅くまでゲームをプレイしていまして少し寝不足です。

自分で決めたルールに縛られるって辛いです。

 

目次

 

 

 

信長の野望天道の最後の縛りプレイ

 

 

現在、YouTube動画のシリーズで投稿している信長の野望シリーズでついに挫折しかかっています。

f:id:y09032994612:20201119114120p:plain

上記の写真の下側の緑の葉っぱのアイコンの大名、松永久秀でプレイしています。

(群雄覇権モード 不如帰の行方)

 

クリアが出来ない!

 

昨日、昼からスタートして何度も何度も滅ぼされています。

例え中盤まで進めても敵の勢力が大きく成り過ぎて太刀打ちできなくなります。

 

 

シナリオの特徴(不如帰の行方)

 

 

織田、徳川、豊臣の3英傑が揃い武将の質が全体的に高いです。

本願寺雑賀衆もいるので鉄砲隊がメインの武器になりやすい。

序盤に織田家と豊臣家が同盟を組む。

豊臣家が位置的に大きくなりやすい。

 

となっています。

こちらは、同盟と新たに武将を増やすことをできない縛りプレイなので最初のメンバーで立ち向かうことになります。

他には敵の収入や募兵数がおよそ倍です。

 

 

昨日のプレイの履歴

 

 

1、とりあえず最初の領地でがんばる

 

織田家と豊臣家が同盟を組むので兵士が集まると攻めてきます。

果てしなく攻めてきます。

10年ほど戦い敵の兵力が10数万を超えるので手に負えなくなり敗戦・・・

 

2、最初の領地で頑張り隣の雑賀衆を倒す

 

序盤は内政に励みつつ織田家と豊臣家を戦います。

8年くらいすると鈴木家は豊臣家に負けます。その戦争を仕掛けるのでタイミングを見計らって豊臣軍の後ろから攻撃をしてそのまま鈴木家も倒す。

 

結果、鈴木家を倒すことは成功しましたが領土が広くなり豊臣家と織田家が多角的に攻められ耐えられずに敗北・・・

 

 

3.信貴山城を捨てて清州城を奪う

 

 

最初の信貴山城は開始数か月後に織田と豊臣に共同で攻められるのでもう最初に捨てます。

その後に徳川家が織田家の清州城に戦争をしかけて落とすのでその直後に攻め込み清州城を奪います。

清州城を獲る事はできのですが、その後徳川家を攻め込もうとするのですが敵の足軽が強く岡崎城を攻め落とす事ができません。

そのまま内政を続けるも兵力を回復した徳川家の前にあえなく滅亡です。

 

 

昨日、8時間近くプレイしてわかったこと

 

 

まず、豊臣家と織田家が必ず同盟を組む。

これは何度プレイをやり直しても変わりませんでした。

 

信貴山城は常に標的になる。

はっきり言って他の行動ができなくなります。

他家に侵攻するとすぐに攻撃され戻るを繰り返す。

 

奇策を打って清州を奪いましたが徳川家の足軽の前に歯が立ちません。

特に本多忠勝の恐ろしいまでの戦法威力で兵力差が倍あってもあっという間に負けます。

 

 

手も足もでない今の状況

 

ゲームでこれだけ苦しめられた事はありません。

 

今日もこの後にプレイをします。

少し憂鬱な部分もありますがこれでこのシリーズ最後の縛りプレイです。

 

昨日は布団に入って考えているとある事を試していない事を思い出します。 

 

松永家の主力武器は鉄砲です。

足軽で使える戦法が相手を混乱させるタイプのものなので敵が智謀の高い南光坊天海や本田正信、徳川家康がいるとほとんど無効化されます。

さらには、徳川家の三河魂と言う固有の技術で徳川の足軽が状態異常になりにくくなります。

なので、足軽岡崎城を攻めても敵の戦法を喰らってボコボコにされます。

 

もし、清州城を攻め取った後に足軽ではなく鉄砲部隊を編制できればもしかすると勝てるかもしれないと微かな望みにかけたいと思います。

 

 

最後に

 

 

私は頑固なのでこれをクリアしないと先に進むことはできません。

やり残したことがあると気持ちが悪いです。

 

諦めて他のゲームにすることは今は考えず今日もこれからアホな自分のルールを貫き通して有終の美を飾りたいと思います。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。