会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。毎日投稿!現在簿記の勉強中!

会社で起きた無言の宣戦布告!

 

こんばんわ

 

今日は、昨日あった出来事を書いていきます。

本当に困ったものです。

昔の私ならどんな相手だろうと嫌味の1つも言ってます。

 

今回は体験記風に書いてみます。

 

 

月曜日それは1週間の仕事の始まりである。

土日は仕事の事など忘れて自分のやりたい事をするので仕事の事など頭に一片も入っていない。

 

なので会社に行くまで状況は何もわからない。

 

 

私の出勤時間は午後からなのでゆったりとした朝を迎える。

午後になり電車の時間に合わせて家を出る。

いつもの時間の電車に乗り、本を読みながら30分程の時間を過ごす。

 

田舎ならではの1時間に1本の電車なので乗り遅れると遅刻になる。

遅刻は社会人としてやってはいけないので早めの電車に乗る。

 

しかし、最寄り駅に到着したはいいが出勤までに50分以上の時間が余っている。

 

そんな時に私の楽しみはコンビニでの立ち読みだ。

ヤンジャンヤンマガ、数あるコミック雑誌を読みそれも読み終わると単行本にも手を出して読み漁っている。

 

今の流行りはゴルゴ13と白竜だ。

 

文字数が多くちょうど良い時間を潰す事ができる。

 

じっくりと読めば読むほど面白いのでありがたい。

単なる戦いものだともっとあっさり読み終わってしまうからだ。

 

本を読んでいる途中で時計に目をやるとそろそろ出勤時間が近づいてきている。

続きは明日読むことにして、コンビニを去る。

 

そして、いよいよ今日の仕事が始まるわけだ。

 

先週の土日は天候が悪く雪が降ると予報も出ていた。

その通りの天気になり、私は家の中で過ごしていました。

 

さて、話は戻ります。

仕事場に到着し今日はすぐに車に乗る必要があるので簡単な挨拶をした後に事務所を出て駐車場へ向かいます。

 

駐車場について目に最初に入った光景が私は衝撃でした。

 

土日の雪がしっかりと私の運転する車の上だけに乗っているのです。

 

しかも、他の車は除雪が終わり昼間の日差しで完全に雪の後がありません。

 

さすがにこれは意図的でないにしてもいい加減にしろ!と思いました。

これからすぐに出発しなければならないのにフロントガラスにどっさりと雪が積まれていたら笑うしかありません。

 

除雪中に他の社員が通り何食わぬ顔で車に乗っていく姿を見て何だか切ない気持ちになります。

 

この状況を見て声を掛けないのは嫌われている証拠だと思います。

 

私は午後からの出勤ですが、朝から3人のスタッフが来ています。

除雪を忘れていたのなら許そう!

しかし、3台中2台だけ除雪し残りの1台をしなかった。

これは私に対する挑戦状でしょう。

 

そんな事を考えても仕方がないのでフロントガラスの雪だけ降ろしてすぐに出発しました。

しかし、出発した直後にフロントガラスに車の上に残っていた雪がフロントガラスに降ってきました。

ちょうど、ぷよぷよのお邪魔ぷよたちのように・・・・

 

ここはもう連鎖で消すしかありません。

 

ファイヤー、アイスストーム、ブレインデムド・・・覚えている連鎖を口にしながらフロントガラスの除雪が完了します。

 

その後に目的地に向かいます。

 

始まりがこんな状態だと気分も晴れません。

 

どんな事があっても仕事は始まり、そして終わりを迎えます。

到着早々の出来事は大変でしたが、それ以外は何の問題もなく終わりました。

 

今日あった事を誰にも報告も告げ口もしていません。

 

しかし、これは私に対しての完全なる宣戦布告です。

お前にはもう手助けはしないというのなら良いでしょう。

 

こちらもとことん戦ってやりましょう!

 

私を相手にした事を後悔させてやりますよ(笑)

 

今日はそんな愚痴を言いたい!という内容でした。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。