会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。簿記を勉強中!

床屋に行くぞ!【1000円カット】

 

こんばんわ

 

 先週の夏前の暑さが一旦鎮まり、過ごしやすい気温になっていますね。

梅雨の影響もあるのでしょうが、雨が降るのは週末なので仕事に直接影響がないので助かります。

 ところで、みなさんは行きつけの床屋はありますか?

今日は床屋についての記事です。

 

今回の記事の内容

 

 

私の床屋事情

 

 

 私は耳に髪の毛がかかると気になるので、そのタイミングで髪を切りに行きます。

以前には行きつけの床屋があり、店員さんと話をする事はありませんが無難な形で仕上げて頂けるので大満足でした。

ちなみに私は行くのは1000円カットなので、当然ですがあれこれ注文はしません。

唯一お願いする事は後頭部を刈り上げにしないで欲しいという事です。

関東で住んでいた最後の5年間はほぼ同じ店に通っていました。

一度だけ他のお休みだったので他のお店に行った事があるのですが、やはりいつもの所が良いので休みの日を覚えて通うようにしていました。

 

 

1000カットは相性が命

 

 

 私が通う床屋は基本的に1000円カットです。

なので、そこまで多くは望んではいけません。

髪が短くなればそれで充分です。

だけど、床屋さんによって相性があります。

下記の床屋さんはなるべく選ばないようにしています。

 

〇もみ上げの処理の仕方

 

もみ上げの処理は差が出ます。

バリカンを使って一気にそり落とす人もいれば、短く切って自然なもみ上げにしてくれる人もいます。

私はバリカンそり落とすのではなく、短く切って整えてもらう方がありがたいです。

過去に「もみ上げは自然な形にしますか?それともバッサリ切りますか?」と尋ねられて「自然な形で」と答えるとバリカンで耳の中程からバッサリと剃られた事があります。

「刈り取ってる・・自然ちゃうやん!」と心の中で悲しみました。

もし、バッサリと答えたらどうなっていたのか今でも疑問に残ります。

 

〇マスクをつけたまま髪を切る

 

このご時世で密を避けるためなのでしょうか、マスクをつけたままカットをする店員さんがいました。

店員さんがマスクするのはわかります。

髪を切られる私もマスクをします。

マスクをしたままカットされ、耳の所をカットする時だけ少し外し、また元に戻す。

当然ですが、仕上がりが不揃いです。

特に困ったのが、切った髪の毛がマスクの中に入りかなり痒かった事です。

この時は辛かったです。

 

 

床屋での最大の満足感を忘れていた

 

 

 今、床屋さんは2、3ヶ月に一度通っています。

もちろん1000円カットです。

髪を短く切ってもらうだけで満足感などはありません。

小学生の頃に床屋に行ったときは、もっとさっぱりした感覚があり気持ち良かったのを覚えています。

なぜなら散髪後に髪を洗って、顔を剃って、ベビーパウダーを付けてもらい外に出ると顔の皮膚にダイレクトに風を感じていました。

少しこそばゆい感じはしますが、とても心地良かった。

 やはりもう少しお金を出して、髪だけでなく顔剃りもしてもらいたいなと思っています。

サッパリした感覚こそが床屋に行く最大の利点です。

1000円カットでもサッパリは出来るのですが、やはり床屋で顔周り全てを綺麗に整えてもらうと気持ちも新たになりますね。

 

 

最後に

 

 

 今週の土曜日に床屋に行こうと思っています。

次は夏まで切らなくても大丈夫と次の事ばかり考えています。

もっと床屋を楽しめる余裕も欲しい今日この頃です。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。