会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。簿記を勉強中!

ガスファンヒーターが設置されました【ガス代の問題がなければ優秀】

 

こんばんわ

 

昨日家にガスファンヒーターが設置されました。

しかし、私は使いません!

プロパンガスを使う我が物件でガスファンヒーターは諸刃の剣です。

今日は冬の暖房について書いていきます。

 

今回の記事の内容

 

ガスファンヒーターは優秀!

 

 

 先日導入したガスファンヒーターは有能です。

設置した後に仮運転させた時に音速の如く暖かい風が出てきました。

おそらく数分で部屋全体が暖かくなると思います。

しかも、灯油を使うストーブのような独特の臭いがありません。

正直、使ってみた感想は抜群の評価です。

だがしかし、私の物件は築30年以上の為に隙間風がどこからともなく入ってくるため、暖房をつけっぱなしにしないといけません。

そうなると暖房で温まる分、懐にダメージを受けます。

11月も中旬に入り、ついに最低気温が10℃以下になる日も出てきました。

そうなると暖房がないと辛いです。

 

 

優秀だからこそコストも掛かる

 

 

 ファンヒーターを朝晩をしようするとおそらく月のガス代が5000円以上は間違いなく上乗せになるとの事です。

今現在5000円のガス代がプラス5000円で月々10000円になります。

12月~3月まで使うと考えると今年は20000円のコストが上がる試算となります。

ただし、これはあくまでも試算でありもっと高い可能性も考えられます。

プロパンガスは昔から高いと思っていたのでわざわざ使おうとは思いません。

なので、先日予想される上乗せコスト分で暖房器具を購入しました。

私の物件は電気代と水道代は家賃に込々価格なので電気で使えるファンヒーターで代用します。

エアコンさえ壊れなければこんな事にはならなかったのに・・・

 

 

冬の次にくる夏がタイムリミット

 

 

 冬は何とかなります。

しかし、夏はどうにもなりません。

エアコンが動かないと灼熱地獄の刑に処されます。

なので来年の春になったら冷風が出るかをすぐに調べないといけません。

というか、ガスファンヒーター導入の前にまずはエアコンの故障を直すのが先だと思ったのですが問題が先送りになりました。

今ではエアコンは5分と経たずにエラーになって停止します。

こんな状態で冷房が使えるとは到底思えません。

 

 

最後に

 

 

 今の物件に住んで1年と9カ月です。

そろそろ更新の時期になるので引っ越しも視野に入れても良いかもしれません。

しかし、先立つものがないのが苦しい部分です。

更新料は何とか確保していますが、引っ越しとなると予算オーバーです。

今から他にアルバイトしてお金を貯める方法もありますが、私が現在稼働できるのが夜の10時から朝の8時までなので夜勤帯の仕事になります。

ダブルワークになると今まで続けてきた事が全て破綻するので最終手段です。

来年の冷房を使う時までに選択肢を増やせるように活動していきます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。