会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。簿記を勉強中!

チュッパチャプスを久ぶりに食べる

 

こんばんわ

 

久々にチュッパチャプスを食べました。

誰もが知っている棒に飴が刺さったお菓子ですね。

 

もくじ

 

チュッパチャプスを食べる

 

 

 お菓子を断つという部分はさて置き、久しぶりにチュッパチャプスを食しました。

記憶を遡ると私がチュッパチャプスを食べたのは学生時代です。

その頃と変わらない様々な味があります。

ストロベリーやオレンジよりもコーラやプリンの味が当時は好きでした。

しかも、結構な大玉なのでかなり長時間口の中で甘味を感じる事が出来ます。

そう思っていたのですが、買っていざ手に取ってみるとちょっと違和感がありました。

 

 

私が感じた違和感

 

 

 学生時代に食べていた頃はもう少し大玉だったような気がします。

古い記憶なので気のせいかもしれないなと思っていたのですが、食べて消化するのも早くてやっぱり小さくなっていると思いました。

チュッパチャプスは最初こそ甘くて美味しいのですが、ちょっと大きくて最後の方は早く無くなって欲しいからと噛んでいました。

ところが、久しぶりに食べた所10分程度で食べ終わってしまいます。

 

 

実際はどうなの?

 

 

 ネットでお菓子が小さくなったと調べると様々なものがあります。

ポテトチップス、キットカット、カントリーマアムなど様々なお菓子が容量が減っています。

チュッパチャプスは明確には小さくなったとは書かれていませんが、多くの人が小さくなったと感じると書いていました。

私も今回食べてみて小さくなったと思います。

今、物価の上昇が言われていますがこのように容量を減らして価格を維持する事もやっているんですね。

 

 

最後に

 

 

 チュッパチャプスが小さくなったと感じた時には少し悲しくなりました。

他にもポテトチップスが今は65gですが昔は90gも入っていたんですね。

確かに袋にパンパンに入っているような記憶がありました。

パーティー開きをしても山盛りだった記憶があります。

そんな容量たっぷりのお菓子も食べて、ご飯もおかわりすれば当然ですが肥満になるわけです(笑)

私は小学校6年生で既に70㎏ありました。

身長も160㎝近くあったので相応の体重です。

しかし、身長はここで止まり体重だけが増えてしまいました。

肥満は年齢を重ねて辛くなります。

今年はこそ100㎏を下回る!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。